避けるべきトラブル

既婚者と、もしくは既婚者同士で結ぶ男女関係『不倫』。不倫は基本的に“割り切った”関係と決まっていますが、必ずしもそれが叶うとは限りません。
よくあるのが、女性が男性に熱を上げ過ぎ、奥さんに離縁を迫るパターン。彼と一緒になりたい→そのためには奥さんや家族が邪魔→ならば離縁させればいい!・・・というわけです。もちろん、男性が女性に熱を上げ過ぎるという逆パターンも存在しますが、多くの場合、仕掛けてくるのは女性側です。女の嫉妬は、怖いだけでなく非常に厄介なのです。
しかし、表立って仕掛けてくる場合はまだマシだといえます。厄介なのは、男性にばれないよう奥さんにのみ攻撃を仕掛け、奥さんが疲弊または爆発するケースです。
こうなると、もう火遊び云々の問題ではありません。仕掛けた側も既婚者である場合は、双方の家庭を巻き込んでの大修羅場となります。自分の伴侶と、相手の伴侶への慰謝料、財産分与、子供がいれば月々の養育費・・・などなど。出ていくものは多々あれど、入って来るものは何もありません。イメージ通り、人生はお先真っ暗です。
また不倫を希望する男女の中には、「伴侶の存在は許せるが、他の不倫相手(自分と対等の立場にある異性)は許せない!」という人もいます。なので、セックスフレンドのように複数の相手を抱え込むことは控えましょう。この場合も、待っているのは暗い人生です。

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2015 バレないように不倫をするには All Rights Reserved.